メールで知り合った男性とも、LINE交換は必須のようでした。
「相手募集するとき、お金くれるパトロンを探しているって書いたりしたら絶対ダメ」
「なんで?」
「利用停止処分が下るの。出会い系サイトって金銭のやりとりにすごく敏感なのね。何でも健全な出会い系サイトの社長も逮捕された経緯があるらしいよ。だからお金の書き込みすると利用できなくなるの。私も突然停止させられてびっくりしたよ。運営に問い合わせして何とか解除してもらったけどね」
ダイレクトにお金の書き込みを禁止されているようで、夢を応援してくれる方と食事をしたいと書くようにしたほうが良いらしいのです。
そしてメールが始まったら早めにLINEを交換する必要があるようです。
LINEのID を教えることで、良い印象を与えることにも繋がるようです。
金銭のやりとりは、出会い系サイトの外でしかできないので、これも絶対必要なようです。
みっちりと攻略方法をサナちゃんから教えてもらえました。
出会い系サイトの公式アプリをインストールして、私も友人のやったパトロンの見つけ方を実践することになりました。

 

 出会い系サイトに登録してからは、パトロン募集を続けました。
男性の目に触れるように、三つの出会い系サイトの掲示板を利用して募集を続けていきました。
きっと見つかると信じ、日々掲示板更新をしました。
友人がやったパトロンの作り方を、忠実に実行に移していきました。

 

 ちらほらとメールも届くようになります。
ただ中には援助交際と勘違いしているような方もいました。
それと、パパ活のような関係を求めている人もいました。
それでもくじけずに、お金くれる方を募集続けていきました。
53歳の男性で、出版社社長をしていると言う方から「どういう夢を持っているのか、詳しく聞きたい」と言われました。
すぐにLINE交換になっていきました。

 

女性は完全無料定番サイト男性だけ有料
愛人募集サイトBEST5
愛人契約の成功者に教わったサイト