美術系大学に進学したのは、グラフィックデザインの勉強をしたかったからです。
高校生の頃からグラフィックデザインには興味を持っていました。
将来グラフィックデザイナーとして活躍したいと考えていました。
大学ではしっかりと勉強もしたし、卒業後はデザイン事務所に就職も決まりました。
これで自分の夢は叶えられたと、この時点では思っていました。
だけどデザインをする人たちというのは、たくさんいる世界です。
すぐに自分のデザインが認められることはありませんでした。
自分が温めているアイディアを、上司に見せることもしばしばあります。
しかしそれが採用されることは全くありません。
目下の仕事内容といえば、他の方がデザインしたものパターン化する地味な作業です。
デザインを作っては上司には見せる、でも却下されるの繰り返しでした。
今の事務所では認めてもらうことは難しそうです。
思い切って独立して、自分のデザインを作りまくるなんて想像が止まりません。
しかし、独立してすぐにたくさんの仕事が取れるかどうかは全く別問題です。
独立してすぐに仕事が届くほど、甘い世界でもないでしょう。
収入面の不安を抱えてしまうことになります。

これがあるからこそ、すぐに独立することができませんでした。

 

 それは大学の友人からの連絡でした。
LINEの通知がやってきて、知らせたいことがあるから食事に付き合ってほしいと言われました。
ちょうど給料前のこと、給料が出たらにしてほしいとお願いしてみたのですが、食事代はすべて支払うと言ってきました。
羽振りの良さに驚いてしまいました。
何か良い報告なんだなと直感しました。
しかしその報告が、まさか愛人募集に成功した話だとは思ってもいませんでした。
友人の話を聞いていくうちに、パトロンが欲しい気持ちを持ってしまいました。

 

女性は完全無料定番サイト男性だけ有料
愛人募集サイトBEST5
愛人契約の成功者に教わったサイト