美術大学時代の友人がお金をくれる人を見つけ、独立をすることを決めた話は大きな衝撃になりました。
私も今の仕事には悩みを抱えていたので、お金くれる人との出会いを探したくなりました。

 

 美術系の大学でグラフィックデザインの勉強をしました。
グラフィックデザイナーとして活躍する夢を持っていました。
大学を卒業した後は、デザイン会社に就職ができました。
これで憧れだったデザイナーとして、生活していくことができると歓びを感じました。
ところが、仕事を始めてみると自分のデザインが採用されることはありません。
現在に至るまで、他の方がデザインしたものをパターン化する作業ばかりです。
自分のデザインも作って上司に見せるのですが、認めてもらうことができません。
就職して3年が経過、将来的な不安を大きく抱えるようになりました。
このままこのデザイン事務所にいても、デザインさせてもらえないのではないかと考えるようになりました。
自分のデザインをやっていくためにも、独立は必要不可欠なように感じます。
でも独立したところで、すぐに仕事がたくさん舞い込むわけではありません。
収入面で窮地に立たされてしまいます。
収入面の部分があり、独立を簡単に決められませんでした。

 

 大学時代の友人で、私と同じクラックデザインの仕事をしている女の子から連絡が来ました。
たまには食事に行こうと誘われました。
給料前でお金もなかったので、断ったら食事代はすべて出すからと言われたので待ち合わせしました。
随分と羽振りが良いと思ったのですが、それには理由があったのです。
食事をしている時、独立を決めたと話しだしました。
なぜそんな決断ができたのか、驚くばかりです。
友人も私と似たような境遇だったようです。
独立したいと、お金をくれる人を夢中になって探し、愛人契約に成功したと話してきました。
愛人関係するとは思ってもいませんでした。
恋愛感情抜きで、大人の関係を持ってたくさんの収入を得るなんてすごい決断をしたものだと感心しました。
ところが友人がやった愛人契約はセックスなしだと言い出しました。
セックスしない愛人契約なんて、納得できません。
男性はお金を支払う代わりに肉体を求めるものです。
それなのに、体の関係を作らずに愛人契約するとは、どんな関係なのだと不思議に思えました。
詳しく話を聞いてみたところ、女の子の夢を応援したいと思っているお金持ちのおじさんがいると教えてくれました。

 

 セックスなしの愛人契約には強く惹かれました。
収入が安定するまでは、給料をパパが出してくれるという約束をしたらしいのです。
ひたすら羨ましい気持ちを持つばかりでした。
それと同時に、私もお金くれる人と知り合いたいという気持ちを持ちました。
セックスなしの愛人契約なら、全く抵抗感は感じません。
友人は食事や買い物といったデートにお付き合いをしているだけのようです。
こんなことで収入面のサポートをしてもらえるのなら、気軽に独立ができます。
居ても立ってもいられない気持ちになってしまっていました。
どうやってお金をくれる人を探し出したのかを友人に聞いてみました。
彼女がやった方法は出会い系サイトでの募集だったようです。
友人の使った出会い系サイトは、とても優秀でしっかり管理されているため完全に募集ができると教えられました。
人気サイトだから、大勢の人たちが利用しているそうです。
利用者が多いということは、お金を持っている男の人も確実にいると言うことでした。
こまめに募集を続けていけば、エッチしないで愛人契約してくれる人と出会える可能性が出てくるということでした。
気軽に独立するためにも、資金面を何とかしなければなりません。
夢を応援してくれる、お金持ちの方と知り合えたら、すぐにでも独立ができます。

お金くれる人を何とか探し出したい、出会いたいという気持ちになっていきました。
友人がやった方法で、募集を開始することにしました。
見た目が美人なわけでもない、スタイルが良いわけでもない私に、想像以上の出会いが待ち受けていたのです。
とてもたくさんのユーザーのいる出会い系サイトだから、私のような女の子にも愛人契約ができたのでした。
教えてもらった出会い系サイトを利用して、人生のターニングポイントを迎えられました。

 

女性は完全無料定番サイト男性だけ有料
愛人募集サイトBEST5
愛人契約の成功者に教わったサイト

 

 

名前:凛
性別:女性
年齢:26歳
 26歳、グラフィックデザイナーをやっています。
仕事に大きな悩みを持っていて、独立したいと思っていました。
収入面のことを考えると、独り立ちすることはなかなかできません。
学生時代の友人が独立を決めたと話してきて、その理由がエッチなしの愛人契約ができたからだと教えられました。
セックスなしなら、私もお金をくれる人と知り合いたくなりました。